Axioryの入出金にはCurfex(カーフェックス)が絶対おすすめ

口座開設

Axiory(アキシオリー)ではbitwallet(ビットウォレット)を使って入出金を行うことはできません。ですが、Curfexを利用すれば、2万円以上の入出金を無料で行うことができます。

※Curfexは香港に本社があるオンライン送金サービス(国際決済サービス)事業者です。 日本の金融庁で認可されていることから、信頼性に関しては申し分ないと言えるでしょう。

Axiory(アキシオリー)を利用するのであれば、必ずCurfexの口座を作成しておくようにしましょう。

Curfexのアカウントを作成

Axiory(アキシオリー)でCurfexを使用する場合、Axiory経由でCurfexのアカウントを作成する必要があります。

Axioryを経由せずにCurfexアカウントを作成すると、後でAxioryサポートに問い合わせて紐づけを行ってもらわなければならず、余計な時間がかかってしまいます。

Axioryにログインしたら、入金画面にアクセスしてください。

次に入金方法で「国内銀行送金 by Curfex」を選択してください。

下のような画面が表示されるので、チェックを入れて「Curfex 申込サイトへ進む」をクリックしてください。

会員登録のメニューが表示されるので、メールアドレスとパスワードを確認も含めて2回入力します。ロボットでないことにチェックを入れて「登録する」をクリックしてください。

4桁の認証コードがメールアドレスに届くので、空欄に入力して「次へ」をクリックしましょう。

その後、個人情報の登録などを行い、手続きを進めて行くと、本人確認書類のアップロードを求められます。「書類をアップロードする」をクリックしてください。

Curfex(カーフェックス)で指定されている本人確認書類の組み合わせは以下の通りです。

マイナンバーカード

マイナンバーカード通知カード+運転免許証

マイナンバー通知カード+パスポート

マイナンバーカードがあれば、マイナンバーカード。無ければ通知カードと運転免許証。運転免許証も無ければパスポートが必要になります。

ちなみにマイナンバーカードがあると、コンビニで住民票を発行できたり(市役所窓口よりも100円安い)と何かと便利ですので、申し込みされることをオススメします。

このあと、自撮り画像を撮影し(ちょっと恥ずかしいですが)、送信すればアカウント登録の完了です。

入出金を行おう

アカウントが完了したら、Curfexから振込み用の銀行口座が送られてきます。メールに記載されている銀行であれば、どこに振込みを行ってもOKです。

私は楽天銀行の口座を持っていたので、楽天銀行に送金しました。もちろん、楽天銀行同士の送金なので、振込手数料は無料です。

振込み名義人は「Axioryの口座番号+氏名」と入力する必要があります。

(例) 9001380 ヤマダ タロウ

Curfexを経由してAxioryに着金したら、メールアドレスにそのことに関する通知が届きます。

出金についても、Axioryの公式サイトから手続きを行うことができます。こちらもCurfexを経由して、銀行口座に送金が行われます。出金申請を行ったら、Axioryからの通知が届きます。

利用する金融機関には、入出金履歴として以下のように記載されます。

今回は入出金の手続きどちらも2万円以上で行ったため、手数料は一切かかりませんでした。

Axioryの口座を開設するのであれば、セットでCurfexの登録も行っておくことをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました