無料アプリInvesting.comをFXトレードに活かそう

FXの技術

大抵のFX会社では主要な通貨ペア、インデックス、経済指標の結果を閲覧できるようになっており、マーケットの動向を探ることができます。

しかし、すべてのマーケットの情報を網羅するようなデータは、FX会社や証券会社を利用しているだけでは手に入れることができません。

そこで、今回、FXの通貨ペアはもちろん、各国の株価指数、債券価格など、すべてのマーケットの情報をアプリひとつで見られるInvesting.comというアプリを紹介します。

Investing.comとは?

Investing.comとはいわゆる金融情報ポータルサイトの一つで、FX通貨ペアのレートや株価指数をリアルタイムでチェックすることが可能です。

また、分析ツールや経済ニュースも豊富に取り扱われています。Investing.comは会員登録すれば無料で全てのツールを利用できます。

Investing.comの全サービス

Investing.comでできることすべてを取り上げていこうと思います。サービスの選択はアプリの下部にあるメニューで行うことができます。

主要相場のレートをリアルタイムで配信

Investing.comではFX通貨ペアのレートのほか、株価指数や暗号通貨などのリアルタイムの価格をチェックすることができます。

Investing.comで配信されている銘柄の選択は、アプリを開いて出てくる画面のメニューから行うことができます。

  • FX
  • 指数
  • 株価指数先物
  • 個別株
  • 商品先物
  • 債券
  • 上場投資信託
  • ファンド
  • 暗号通貨

FX、株式指数投資、暗号通貨投資をするのであれば、Investing.comのアプリがあれば事足りるのではないかというほど充実しています。

銘柄の詳細情報をチェックできる

それぞれのマーケットで銘柄を選択すると、選択した銘柄の詳細情報をチェックすることが可能です。

詳細情報でチェックできること

  • グラフ
  • テクニカル分析
  • 銘柄に関するニュース
  • アナリストによる分析
  • 過去のデータ
  • コメント(掲示板)
  • チャット(Trading view提供)

詳細情報は、各銘柄の画面で選択することができます。下の画面ではドル円の「テクニカル分析」を選択しています。

また、以下の画面では「ニュース」を選択しています。ニュースでは、ドル円ならドル円に関するニュースがピックアップされ表示されます。

主要ニュースを確認できる

マーケットのカテゴリごとにニュースが配信されています。配信元はロイター通信、フィスコ、新聞社など様ざまです。Yahooのようなキュレーションメディアをイメージしてもらうと良いでしょう。

最新ニュース、人気ニュース、など項目を選択することも可能になっています。

経済指標カレンダーをチェックできる

経済指標の予想や結果のほか、要人の発言や、主要株価指数の結果などをカレンダー上でチェックできます。

過去の結果や、これからどのようなイベントがあるのかをチェックして、FXに活かすことができるでしょう。

ウォッチリストの作成

自分がよくトレードする銘柄や、値動きを参考にする銘柄をピックアップすることでウォッチリストを作成することができます。

自分お気に入りのウォッチリストを作ることで、情報を選別してチェックすることが可能になります。

FXへ活かすためのポイント

Investing.comの大体のことは分かってもらえたでしょうか?ここからはFXへの活かすときのポイントを考えていきます。

ウォッチリストはFX通貨ペアと主要指数をピックアップ

ウォッチリストには自分がトレードする通貨ペアや、関連の大きい通貨ペアをピックアップしておきましょう。

ユーロ円を取引する場合⇒ユーロドルやドル円も

また、主要株価指数をウォッチングすることも忘れてはいけません。為替レートは、市場のリスクオンオフに大きく左右されます。

NYダウやナスダックをはじめとする主要な株式市場の指数もピックアップすることをオススメします。

情報の薄い場合は他のツールも利用しよう

Investing.comは使い勝手が良い反面、情報が薄いと感じることも正直あります。例えば、コメントでは書き込みが少なく、数日前の情報しかない場合もあります。

そのような場合、Yahooファイナンスの掲示板を代わりに使うといった対策が必要になります。そのほか、インジケータなど、FX業者の提供するツールの方が優れている場合もあるでしょう。

いずれにしても、Investing.comは相場全体の情報をザックリと把握するために使用することをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました