悪魔の棲む家で撮影された男の子の心霊映像

海外動画

アミティビルで起きた事件の流れ

ニューヨーク州のアミティビル (Amityville)にあるオーシャン・アベニュー112番地。閑静な住宅街に家は殺人事件現場、そして怪奇現象事件の舞台となったのでした。

デフェオ一家の惨殺事件

住宅が殺人の舞台となったのは1974年。ロナルド・デフェオ・ジュニアは、彼の家族が寝ている隙に、両親と4人の弟妹全員をライフルで殺害したのです。

動機として彼は「頭の中にいる何者かの声に『殺せ』とせき立てられていた」と主張したものの、裁判では認められず終身刑となり、今も服役中です。

ルッツ一家を襲った怪奇現象

翌年、洋館をラッツ(Lutz)一家が購入します。しかし、わずか28日という短い期間で家を後にしてしまいました。

その理由として、ラッツは幽霊や悪魔に攻撃されたと述べています。大きな足音や叫び声、さらには見えない何かに殴られたり引っかかれたといいます。

さらに、ラッツ一家の娘エミーは家の中でジョディという友だちができたと両親に報告します。ジョディはエミーと同じ歳くらいの男の子だったといいます。

テレビ番組による心霊調査

こうした怪奇現象が続いたため、ラッツ一家はテレビ局やエンフィールド事件などを手掛けたことでも有名な心霊研究家・ウォーレン夫妻 に心霊調査を依頼します。

ウォーレン夫妻やスタッフは心霊調査として、数分に1度タイマーで撮影できるカメラを2階に設置することにしました。

Ghost Caught On Camera? 5 Most Haunted Places

動画内、1:50~3:35が アミティヴィル事件の話題

撮影した写真を見直したとき、調査員は衝撃を受けました。撮影した写真の一枚に、男の子がエミーの部屋をじっと見る様子が写っていたのです。もちろんその時、家には誰も居ませんでした。

その写真をラッツ一家に見せると、エミーは「これが友だちのジョンよ」と即答したのでした。写真を確認すると、確かに男の子の姿がはっきりと写っています。

そして、 ロナルド・デフェオ・ジュニアに惨殺された一家の中にジョンという7歳の男の子の名前があったのです。

これは偶然の一致というには出来過ぎているのではないでしょか?出来過ぎていると断言してよいでしょう。

オーシャン通りの悪魔の家(死霊館のウォーレン夫妻)亡霊の館2

この事件や心霊写真は、フジテレビのアンビリバボーでも紹介されるなど、日本でも有名な心霊事件、心霊写真として知られています。

悪魔の棲む家として書籍化&映画化

1974年には ジェイ・アンソン が著者として『アミティヴィルの恐怖』が出版されました。 エクソシストの大ヒットによりオカルトブームが起こっていたため、『アミティヴィルの恐怖』はベストセラーとなりました。

さらに1979年には、『悪魔の棲む家』として映画化され、興行収入$86,432,000という大ヒットとなりました。

2005年にはリメイク版が公開されるなど、ホラーの名作として長年多くの人を惹きつけてきました。吹き替え版もあることから、日本での人気も高いことがうかがえます。

国内外問わず、心霊好きなら知っている人が多いであろうこの写真。

殺人犯のデフェオ が犯行について、何者かに「殺せ」とせきたてられたことも気がかりです。 オーシャン・アベニュー112番地には、本当に悪魔が棲んでいたのかも知れません

アミティビルの恐怖、あなたの目にはどのように映ったでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました